HOMEすべての記事不安解消合宿免許の強い味方!運転免許ローンの基礎(金利・審査・申込み方法)

不安解消, 料金について

合宿免許の強い味方!運転免許ローンの基礎(金利・審査・申込み方法)

合宿免許の強い味方!運転免許ローンの基礎(金利・審査・申込み方法)

免許を取得するにはお金がかかります。
そのために、まとまったお金がなくて教習所に通えないという方は多いです。

そこで強い味方になってくれるのが、運転免許ローンですね。
ローンと言えば、借りる方法はもちろん、金利や審査も気になるもの。

あとで困ることのないように、ローンの知識も得ておきましょう。

そもそも運転免許ローンとは?

運転免許ローンとは、運転免許を取得したい方向けにお金を貸し出してくれるシステムのことです。
大きく分けると、その種類は3種類になります。

<運転免許ローンの種類>
・銀行による運転免許ローン
・信販会社による運転免許ローン
・大学生協による運転免許ローン

その他、多目的に利用できるフリーローンなどを利用するなどの方法もありますが、運転免許に特化したローンと言えば、上記3種類になるでしょう。

<銀行の運転免許ローン>
銀行によって違いはありますが、一般的に銀行の運転免許ローンの金利は低く設定されています。低金利で選ぶとなれば銀行系が一番低いでしょう。

しかし、信販会社と比較して審査は厳しめです。
そのため、銀行系の運転免許ローンを未成年が借りることが非常に難しく、借り入れするなら親名義でローンを組むのがほとんどでしょう。

<信販会社の運転免許ローン>
それに対して、信販会社の運転免許ローンは、銀行と比較すれば審査は通りやすいと言えますが、金利が高めの実質年率13%~14%あたりになります。

支払いが開始する時期を後にして就職してから支払いをスタートすることも可能なスキップ払いなどもあります。据え置かれている期間の金利・手数料はかからないため、就職前に免許取得したい学生にはありがたい制度ですね。

その他、支払い回数に関しても、36回まで・60回までなど会社によって様々です。

<大学生協の運転免許ローン>
大学生協ローンは、実質年率9.00%と金利が安いですね。
親権者が連帯保証人になることで利用できるようになります。

運転免許ローンの審査ってどうなの?

そして気になるのは、審査に通るのか?ってことですね。

合宿免許予約サイトで提携している運転免許ローンは、18歳から保証人なしで申し込みができるものが多いですが、決して審査が甘いわけではありません。

一般的なローンと同じように、個人信用情報機関へ信用情報照会が行われます。
そのため、安定収入がない方は審査に通りづらくなります。

返済能力があるかどうか、年齢・年収・勤続年数・債務状況など様々なことをチェックされるでしょう。特に、過去に携帯電話の支払いが遅れた・クレジットカードの支払を忘れたなど、遅延や延滞をしてしまった経験のある方は要注意ですね。

学生や専業主婦の場合、親権者や配偶者名義で審査されることが多いです。
そのため、無職でも審査に通る可能性はあります。

一般的に審査に通らないと言われているのは、学生でも未成年でも専業主婦でもない無職の人です。
例えば、退職した方で転職するために免許がほしいと思っている場合などは、現時点で無収入である限り審査に落ちてしまいます。

おすすめは合宿免許予約サイト経由での申込み

それぞれの教習所や合宿免許予約センターでは、まとまったお金を用意できない方が分割払いできるように、信販会社などの運転免許ローンを利用できるよう提携しているところがほとんどです。

株式会社オリエントコーポレーション・株式会社アプラス・株式会社エポスカードなど信販会社と提携している予約サイトが多いですね。
主な特徴は下記の通りでしょう。

  • 18歳から未成年でも保証人なしで申し込み可能
  • PCやスマホから手軽にWEB審査(書類審査の会社もあり)
  • 頭金不要
  • 審査は最短即日
  • 支払い回数も自由に選択(会社により、36回まで・60回までなど)
  • 最大6ヶ月後から支払い開始となるスキップローンあり
  • 途中で残った金額を一括返済も可能

信販会社によって違いがありますから、よく確認をしましょう。

ローンは、支払い回数が多くなるとその分手数料がかかるため、総支払額が多くなってしまいます。月々の返済額が多少高くなりますが、回数はなるべく少なくする方がいいでしょう。

スキップローンは、最大6ヶ月支払いの開始時期を遅らせることができるため、就職してから支払い開始となるような方なら、是非利用したいものです。ただ、こちらも手数料が高くなる場合もあるので、注意が必要です。

申し込みから審査完了までの流れ

申し込みから審査完了までの流れは、書類審査かWEB審査かで若干違いはありますが、基本的に行われることは同じと言えます。

  1. WEBあるいは電話で合宿免許の申し込みをします。その際に、支払い方法をローンにすることをお忘れなく。
  2. 書類が届くので、必要事項を記入のうえ返送します。
  3. 本人確認の電話や審査が行われます。
  4. 契約完了。信販会社から書類が届くので、大切に保管しておきます。

WEB審査を実施している会社の場合、申込み後すぐに審査になって、審査に通ったあとに書類を送ってくることもあります。
また、WEB審査の際に身分証のFAXなどを要求されることもありますから、申込み手順はよく確認しておきましょう。

まとまったお金がない人にとって運転免許ローンは大変助かるシステムですが、月々の返済の負担を減らそうと支払い回数を増やすと、総合的支払額は高くなってしまいます。

安くてお得と思って合宿免許に申し込んだのに、結局高くついたということのないように注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ合宿免許予約サイトランキング

不安解消関連記事